解剖学解説

解剖学:靭帯

42-004 正しいのはどれか。

1.脊椎後縦靱帯は棘突起間を連結する。

2.膝前十字靱帯は脛骨前顆間区に付着する。

3.膝外側側副靱帯は大腿骨と脛骨とを連結する。

4.烏口鎖骨靱帯は円錐靱帯と肩鎖靱帯からなる。

5.三角靱帯は腓骨と距骨、踵骨、舟状骨とを連結する。

 

 

 

 

正答:2

1.× 後縦靭帯は椎体後面を連結する。棘間靭帯と棘上靭帯が棘突起間を連結する。

2.○ 前十字靭帯は大腿骨外側顆内側後部~脛骨前顆間区を連結する。

3.× 膝外側側副靭帯は大腿骨と腓骨とを連結する。

4.× 烏口鎖骨靭帯は円錐靭帯と菱形靭帯からなる。

5.× 三角靭帯は脛骨と距骨、踵骨、舟状骨とを連結する。

 

 

43-004 誤っているのはどれか。

1.①

2.②

3.③

4.④

5.⑤

 

 

 

 

正答:1

①は関節上腕靭帯である。

 

 

43-044 脊柱の屈曲を制限しない靭帯はどれか。

1.項靭帯

2.後縦靭帯

3.前縦靭帯

4.黄色靭帯

5.棘間靭帯

 

 

 

 

正答:3

 

 

53-P-052 脊柱管の前壁に沿って走行する靭帯はどれか。

1.黄色靭帯

2.棘間靭帯

3.棘上靭帯

4.後縦靭帯

5.前縦靭帯

 

 

 

 

正答:4

1.× 黄色靭帯は脊柱管の側壁~後壁を走行する。

2.× 棘間靭帯は棘突起間を走行する。

3.× 棘上靭帯は棘突起の先端を走行する。

4.○ 後縦靭帯は椎体の後面=脊柱管の前壁に沿って走行する。

5.× 前縦靭帯は椎体の前面を走行する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です